はじめてのお客様

0120-411-845

商品ご購入済の方

0120-411-886

営業時間 10:00-18:00 火曜日休

フォームでお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

初めての方 購入済みの方

営業時間 10:00-18:00 火曜日休

問合せ
お困りごと コラム

オール電化で安心スマートな暮らしがしたいけど不安!1本化のデメリットは克服できる?

オール電化

電気のみに1本化することで、光熱費を節約し、さらに安全でスマートな生活を実現できる「オール電化」。そんなオール電化にも、停電や電気代高騰、IHコンロへの不安といったデメリットもあります。
今回は、オール電化の導入を考えているものの、不安だという方へ向けて、最新のオール電化の現状やメリットデメリットとその克服方法をご紹介したいと思います。

1.オール電化とは?

まずは、オール電化について解説していきます。
オール電化住宅とは、その名の通り、ご家庭で必要となる照明・給湯・調理・空調などの全てのエネルギーを電気でまかなっている住宅のことです。一般的なご家庭では、お風呂やキッチン、暖房などでガス(都市ガスやプロパン)を使用している場合がほとんどですが、オール電化住宅では、ガスを使用せず、全て電気エネルギーで対応しています。

 

2.オール電化のメリット

では、ガスと併用しているご家庭が一般的なのに、どうして最近オール電化を採用するご家庭が、増えているのでしょうか?それは、オール電化には、いくつもメリットがあるからなんです。

 

お湯や暖房を安く使え光熱費削減に

節電オール電化の最大のメリットは、光熱費の中でも、大部分を占める「給湯」と「暖房」にかかるコストを安く抑えられるという点です。
日中に使うお湯を沸かし貯めておけるエコキュートや、夜間に蓄熱する蓄熱暖房機は、電気料金の安い夜間電力を利用するため、コストを抑えられる特徴があるんです。

 

基本料金を一本化できる

ガスと電気を併用しているご家庭では、ガス・電気それぞれに基本使用量がかかりますが、オール電化の場合は、電気の基本料金のみとなるため、固定費を抑えることもでき、家計管理も楽になります。

 

ガスによる火災リスクの低減

ガスコンロガスを使わないことで、ガス漏れによる事故や、火災のリスクを減らすことができ、安全性が高くなります。また、これにより火災保険料が割引になることも多く、光熱費だけでなく、保険料の節約にも繋がるケースがあります。

 

とにかくキッチンのお手入れが楽

IHのお手入れガスコンロの場合、パーツも多く、吹き出し口や金属部の焦げ付きなど、お掃除が大変でした。IHの場合はささっとできる拭き掃除でOK。長年ガスコンロを使っていた筆者も、お手入れの楽さにびっくりしました。掃除が簡単なため、常にきれいに保つことができるのも嬉しいポイントです。

 

災害時にエコキュートタンク内の水を利用できる

災害時などに、エコキュートや電気温水器のタンク内の水を、一時的な生活用水として使用できます(基本的に飲用水としてはそのままでは使えません)。
また、災害時の電気の復旧は、ガスと比べて早い傾向にあります。東日本大震災では、被災から3日後にはおよそ80%、8日後には94%が復旧しました。都市ガスは、ガス漏れを目視では確認できないため、安全確認に時間がかかってしまうのです。

 

3.オール電化のデメリットとその克服方法

次に、オール電化のデメリットについても確認していきましょう。

 

停電するとほとんどの機能が止まってしまう

停電オール電化の最大のデメリットは、停電してしまうと、全ての機能が停止してしまう可能性があることです。対策としては、カセットコンロを用意しておいたり、太陽光発電や蓄電池設備があると安心です。

 

昼間の電気が割高になる

オール電化向けの料金プランは、夜間の電気料金が安く設定されている分、日中の電気料金が割高に設定されています。そのため、昼間に電気をより多く使われる方には、電気代が割高になってしまう傾向があります。
日中多く電気を使う方は、蓄電池を設置し、夜間に電力を貯めておき、昼間に利用するなどの工夫で、割高な昼間の電気を使わず光熱費削減を実現することができます。

 

IHの使い勝手は好みが分かれる

IHでの料理オール電化住宅では、調理にIHクッキングヒーターを利用します。ガスのように直接火が出ないため、慣れるまで火加減に戸惑ったり、火力不足を感じたりする方もいらっしゃるかもしれません。
筆者も、火が出ないことで、物足りなさや火加減の感覚が難しそうと敬遠していましたが、最近の機器は、以前と比べ火力も強くなっており、揚げ物などは逆に温度管理が楽なため、料理の仕上がりもよくなりました。

 

オール電化に向いている方、向いていない方

オール電化には、メリットだでなく、デメリットもあり、ライフスタイルによっては、あまりメリットが出ない方もいらっしゃいます。そんなオール電化に向いている方、向いていない方の条件をまとめてみました。

 

オール電化に向いている方

  • 日中、あまり電気を使わない方
  • 安全性の高い住宅に住みたい方
  • 光熱費を下げたい方
  • プロパンガスを利用されている方
  • 太陽光発電に興味がある方

 

オール電化に向いていない方

  • 日中の電気使用量がかなり多い方
  • ガス火での調理にこだわりがある方
  • エコキュートなどの設備の設置場所の確保が難しい方

 

オール電化について様々みてきましたが、ライフスタイルや使用電力量などによって、そのメリットは変わってきます。また、オール電化と合わせて太陽光発電システムや蓄電池の導入などで更なるメリットを生む場合もあります。
まずは、オール電化にした場合の経済シミュレーションを行い、新しい生活スタイルをご検討ください。

オール電化ならプレジャーハウス

プレジャーハウスでは、お客様1組1組に寄り添い、住環境やライフスタイル、将来の変化なども加味し、電力プランも含め、最適なプランをご提案させていただきます。
私たちは、お家のお困りごとを一生涯サポートする、お家のトータルコンシェルジュです。疑問点や気になること、なんでもお気軽にご相談ください。

SHARE THIS ARTICLE

この記事を書いた人

プレジャーハウス広報

プレジャーハウス広報

プレジャーハウス広報です。
太陽光発電や蓄電池、電気代やお家のお困りごとに関するお役立ち情報などをご紹介してまいります。

RELATED

関連記事

ご相談・お見積もり0円

無料でシミュレーション致します

お問い合わせはこちら

無理な押売や強要は絶対に致しません。
電気代のこと、災害時のこと、お家のプロである私たちに、お気軽にご相談ください。

ご相談・お見積もり0円

はじめてのお客様はこちら

0120-411-845

営業時間 10:00-18:00 火曜日休

商品ご購入済みのお客様はこちら

0120-411-886

営業時間 10:00-18:00 火曜日休

商品などに関するお問い合わせ